2021年10月18日月曜日

いつものケアにハーブを加えてふわふわ犬に

 愛犬の植物療法の猪野です。

休日の湘南地方は雨で寒さも深まっています。

我が家のダックス、ルートとアースもお散歩に行かれず退屈気味の様子です。

では、ふたりともシャンプーしましょう!

雨の日ですが、しっかり乾かしてあげることができれば大丈夫です。

秋になってからアースの皮膚の痒みが少しでてきています。ここ数日、その痒みも気になっていたのでシャンプーの仕上げはリンス&ハーブ湯にしました。

これもまたハーブの楽しい使い方です。

そして楽しいだけでなく皮膚が弱い犬などにも自然の優しいリンスになります。








今回ブレンドした犬たちのリンス&ハーブ湯です。

今日のハーブブレンドは、温め・痒みの緩和・保湿の働きがあるハーブとオートミールでリンスを兼ねたハーブ湯です。








ベビー用のバスタブにハーブ湯を入れて、ふたりに浸かってもらいましたが、あいにく反省会の色が濃い表情ですね。

実は弟のアース(左)はお水が少し苦手。お兄ちゃんのルートが一緒にいるので湯船に浸かれています。

こうしてバスタブに浸かりながら、さらにハーブ湯を背中からかけてあげます。

お湯に浸かるのが苦手な子は無理せず、身体にハーブ湯をかけてあげてもよいですね。












シャンプー後はしっかりと乾かしてあげたら、被毛もふわふわに!
そして、アースの皮膚の痒みも緩和されたようです。
バスタイムはハーブの香りなので、ふたりをケアをする私自身も癒されます。

リンス&ハーブ湯ブレンドは香りのハーブをメインにして選んでいきます。
それぞれのハーブがどんな働きがあるのかを知っていると楽しみだけでなく、犬の皮膚や被毛にとってよいケアができます。

自分で選んだハーブでのケア。
今日はこのハーブがあるからこんな組み合わせにしてみよう。
愛犬のために、愛犬のことを思ってブレンドすることもまたハーブケアの醍醐味です。

2022年の1月からスタートする「愛犬と楽しむ植物ケア講座」では外用ケアとしてのハーブもしっかりお伝えします。
オンライン講座となりますが、各回教材として実際のハーブや基剤をお送りし、ハーブの香りを感じながら使い方を知っていくことができます。
少人数での講座では受講くださる方が理解しながらステップをふめるよう、ご質問などにも丁寧にお答えします。

身体の中から、外からハーブを使った愛犬のケアを楽しんでください。







2021年10月17日日曜日

シニア犬介護への想いも乗せて

シニアドッグ介護習得コース 講師の寺井です。

昨日は7月からスタートした
シニアドッグ介護習得コースの最終日でした。

オンラインがメインのコースですが
最終日は対面スタイル。
 
この時期、公共の交通機関を長時間使うのは
ちょっと不安な方が多いのでは、という理由から
東京と神奈川の2会場で、少人数で行なっています。
 
昨日は東京会場での最終日。
介護技術のポイントをしっかり復習。
そしてオンラインではお伝えしづらかった内容を
対面セミナーでお伝えしました。
受講生さんご自身に体や手を動かしてもらって覚えていただきます。
 
シニアドッグ介護習得コースをオンラインをメインでスタートするにあたり
ちょっと心配な点がありました。
対面セミナーと同じように介護の技術的なことを
詳細にお伝えできるのかということと、受講生さんのマインドです。
「どうしてもオンラインセミナーでは、受け身になってしまいがちなのでは・・・」と思っていたのですが
けっしてそうではないということを感じています。
 
介護技術などは最終日の対面セミナーで
ポイントを再度お伝えすることができます。
また、対面セミナーで受講生さんにお会いすると
質問をたくさんしてくださったり、今後のことをご相談くださる方も。
前向きに「知りたい。吸収したい」とご受講くださったことがよく分かります。
 
少しずつではありますが
「シニア犬介護」についてノウハウを身に着け
介護に困ってらっしゃる方をサポートできる方が誕生しています。
 
私ひとりの力では
できることは少ないのですが
修了生さんのおひとりおひとりがノウハウを使ってくださり
介護に困っていらっしゃる方をサポートしてくだされば・・・
そう思っています。
 
 
セミナーを終えて駐車場まで歩く時に見えたスカイツリー。
久しぶりの東京。ちょっと気分転換にもなりました。

 
昨日も、門前仲町のモンメゾンさんでお世話になりました。
愛犬とゆっくり過ごせる隠れ家サロンなのです。
東京でセミナーを行なう時にはいつもお世話になっています。
次期、12/3からのシニアドッグ介護習得コースでも
最終日のセミナー会場としてお世話になります。
葉山から車で1時間ちょっと。
地下鉄「門前仲町」駅から徒歩数分。
インテリアだけでなく、オーナーさんのお人柄もとっても素敵で、
私自身お伺いするのが、毎回楽しみなのです♪
 
来週は、葉山での開催。
受講生のみなさんにお会いするのを楽しみにしています。
 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


NEWS !

シニアドッグ介護習得コース 2021年12月スタート
オンライン6日、対面1日の合計7日間で学んでいただくコースです。

 

 老犬介護士、シニアドッグアドバイザー

 

日程:
2021年 12/3(金)、12/17(金)、1/7(金)、1/21(金)、2/4(金)、2/18(金)、

最終日は対面で会場は選択式。都内もしくは神奈川
2/26(土)東京 門前仲町
3/4(金)神奈川 葉山

シニアドッグ介護習得コース詳細はこちら


 

★11/5に先行お試しセミナーを開催します。

本コースをご検討される方、ぜひご参加ください。

(参加費は動物保護のために役立てます)

詳細はこちら

 

 

ハーブのコースもリニューアルスタートします。

ぜひホームページをご覧ください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2021年10月16日土曜日

リニューアル!「愛犬と楽しむ植物ケア講座」が2022年1月よりスタートします

 ドッグライブリー協会「愛犬のための植物療法講座」講師の猪野です。

2022年1月より「愛犬と楽しむ植物ケア講座」がオンライン講座として新たにスタートします。

新講座は「自宅でのケア」ということに重点を置き、愛犬の身体にとっての春夏秋冬ケアを考えた内容となっています。

日本の季節は愛犬の身体にとってどのようなことがあり、どのような傾向になりやすいのか、そしてどのようなケアをしてあげたいかなど、季節ごとのケアをお伝えしていきます。

また、季節ごとに感受性が高くなる内臓などのケアをお伝えすることで、季節のケアだけでなく「肝機能が気になる」「消化器が弱い」など体質によるケアなども知ることができます。


四季は人も犬も同じように内臓の働きなど身体と深く結びついています。

例えば、長い冬を終えた春先の身体は、滞っていたものを排出しようとするように巡り始めます。そのときに頑張るのが肝臓です。肝臓は身体に入ってきたあらゆるものを解毒分解します。そして春先は犬たちにとってワクチンなどの接種が多い時期でもあります。ワクチンもまた肝臓で解毒されていきます。

そして、植物もぐんぐん成長する春はその自然のエネルギーが強く、人にとってはメンタルがついてゆけずに揺らぐこともあります。そういったストレスもまた肝機能に影響を与えます。

東洋医学でも春は「肝」の季節とされています。そう考えると、春先のハーブケアは犬も人も、肝機能を主としたサポートを考えてあげたいですね。

そして、梅雨時期。

日本の湿度や気温は犬たちの消化器や皮膚のトラブルを招きやすい季節です。私たち人間にとっても水分のはけがうまくいかず、浮腫む人も多いのではないでしょうか。

そのように、季節と身体は深く結びついています。

愛犬の体質や不調が起こりやすい時期などは毎日一緒に暮らしているご家族が一番よくわかっていることだと思います。

季節のケアは内臓ケアと結びつきが深いので、季節のケアを知ることで例えば「うちの子は肝機能が気になる。腎臓が気になる」など個々の犬たちの身体や体質をサポートするケアとしても役立つのです。


そして今回の講座では、外用(皮膚や被毛、口腔内など)ケアについての回を設けました。外用ケアはハーブの大切な成分「香り」もメインです。

外用ケアはハーブを飲む・食べることと同じくらい犬の心と身体にとって大切です。

ハーブの持つ優しい香りが犬の心にもリラクゼーションをもたらすため、犬にとってケアが受け入れやすいものとなります。リラックスできることは身体の自律神経を整え、免疫力を高めることにも繋ります。

また、人もその香りに癒されるのでケアがとても楽しい時間になっていきます。

講座では実際にケア品を作ってみましょう。犬だけでなく人も一緒に使えるものなので、愛犬と一緒にケアを楽しむことができます。

どんなものが使うかを知ると、安心して愛犬にも使ってあげることができますし、愛犬の香りの好みなどで、オリジナルケアをしてあげることができます。





新講座はオンラインとなりますが、対面講座と同様に5名定員の少人数制となっています。

講座で伝えることが一方通行にならないように。

皆さんのお顔が見える講座。コミュニケーションのある講座。それが望ましいと思うからです。

そして、オンライン講座ですのでご自宅から愛犬と一緒にご参加いただくことができます。

「愛犬と楽しむ植物ケア講座」の詳細・お申込はこちらからご覧になってください。

         ↓

http://www.doglively.com/herbseminar.html



愛犬にとっての一番のケアリストになってみませんか。

「家族の笑顔がわんこの幸せ」です。

2021年9月29日水曜日

助け合いの素晴らしさを感じた介護

シニアドッグ介護習得コース、講師の寺井です。

秋田犬のぐりちゃん12才。

7月の末から歩くことが難しくなり
介護が必要になりました。
 
良いご縁から、サポートすることになり
8月から2か月間、ぐりちゃんのお散歩などをお手伝いしてきました。
最初は、足に力を入れることもできず
立とうとしても
ぐにゃっと腰がくだけてしまうような状態でした。
 

 

それが2か月という時を経て

自分で歩けるようになりました。

 

 

昨日はいつも行く海のそばの公園の

小さな丘を登りました。

 

丘からは海が見えます。
 
立つことすら大変な時は
小さいとは言え
この丘に登ることは無理なことでした。
 
それが昨日は自分の足で登りました。
今では砂浜にも降りられるように。
 
 

ぐりちゃん自身も嬉しそうです!
 
 
長く親しんだわんこ友達ともいっしょに過ごすことができるようになりました。
 
 
 
ご家族が「どうしたら?」を考え
色んなことをひとつひとつ実践してくださった2か月でした。
 
家の居住スペースでは足元が滑らない(足になるべく力が入り腰に負担をかけない)工夫や
ぐりちゃんにも余裕の大きな体圧分散ベッドを導入してくださったり。
 
 
突然の不調やケガなどが起きた後、
その後のケアがとても大切なんです。
愛犬の治癒力を、いろんな面でバックアップしていく、それが
その後を左右すると言ってもいいかもしれません。
 
ご家族はぐりちゃんが歩くことが難しくなっても
ぐりちゃんが大好きな公園にいつも連れて行くことをやめませんでした。
大きなカートにぐりちゃんを乗せて公園へ。
 
海の心地良い風に吹かれてゴロゴロするのが大好き、というぐりちゃん。
「大好きな事」をやめずにいられたので
ぐりちゃんもストレスをためずにゴキゲンでいられたのだと思います。
 
 
 
おなじみのわんこ友達や
わんこさん達のママさんパパさんにも会い
「ぐりちゃん、がんばれ!」と温かく励まされてきました。
 
ぐりちゃんと過ごした暑い夏。
きれいな夕焼けもたくさん見ました。
早朝の虹の空も見ました。

 
 
ご家族のケアと愛情、きっとこれが一番の薬だったと思います。


今ではこのお気に入りの公園に
15分かけてノンストップで自分で歩いて行くぐりちゃんです。
 
 
この2か月でまた多くの学びを得ました。
 
シニア犬のポテンシャルの素晴らしさ、
ご家族のケア、
シニア犬のモチベーションのあげ方など。
 
そして、何と言っても「チームワークの素晴らしさ」です。
核家族化し、人との関係も希薄になりつつある昨今ですが
ぐりちゃんのサポートはご家族だけではなく、
ご家族のお友達(わんこ仲間さんやご近所のお友達も)の助けがありました。
 
そして私が行なっているドッグライブリー協会シニアドッグ介護習得コースの修了生さん達も
お仕事や研修として加わってくださり力になってくださいました。
今回は早朝のお仕事が多かったので
お近くの方を中心にお声がけしました。

 
ご家族だけで抱えこまず
「助け合う」
「コミュニティーの大切さ」
そういうことを日々感じながら
チームの一員としてサポートしてきました。
 
普段ひとりで仕事をすることが多い私にとっては新鮮でしたし
身をもって大切なことを学んだ、と感じています。
 
愛犬の介護、抱え込んでしまわず
どうか助けを求めていただきたいです。
「迷惑かな?」と心配になってしまうかもしれませんが
私たちの社会に、はまだまだこの
「助け合い」と「コミュニティー」は健在してます。
「大変な時は力を借りる勇気」で
大きく変わることがあるんです。
 
ご近所さん、親戚、お友達、
そして私のような犬の介護士やシッターもいます。
 
ぜひおひとりで抱え込まず助けを求めてください。
大切な愛犬のためにも。
 
 
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NEWS !
2021年12月スタート
オンライン6日、対面1日の合計7日間で学んでいただくコースです。
2021年 12/3(金)、12/17(金)、1/7(金)、1/21(金)、2/4(金)、2/18(金)、
最終日は対面で会場は選択式。都内もしくは神奈川
2/26(土)東京 門前仲町
3/4(金)神奈川 葉山
 

 
11/5に先行お試しセミナーを開催します。
本コースをご検討される方、ぜひご参加ください。
(参加費は動物保護のために役立てます)
 

2021年9月1日水曜日

雑誌Wanで「介護のそなえ」掲載されました

シニアドッグ介護習得コース、講師の寺井です。

雑誌、「Wan」で取材を受け

「いざという時に慌てない シニアビーグルと学ぶ介護のそなえ」 が掲載されました。
 
暑い時期の撮影&取材でしたが
かわいくて、とっても賢い2頭のビーグル
ピースくんとあんずちゃんの協力のもと
6ページにわたって介護について掲載されました。
 

 
介護・・・
病気であったり、突発的な不調であったり
実は急に直面することがあります。
「どうしよう!」と大変な思いをされる方が少なくありません。
人も大変ですが、当人(当犬)も大変な思いをすることに・・・
 
そういう現状を見てきた編集者さんの企画のもと、この記事が出来上がりました。
災害であれなんであれ
「そなえ」が大切。でも、「愛犬の介護」はイメージしづらかったり
現実感がないものです。
 
 
緊急時に役立つ基本的なノウハウ(寝返り、ベッド、おむつ、食事&水分補給)だけではなく
おうちで簡単にできる脳トレやエクササイズもご紹介しています。
 
 
これを読んでくださった方が少しでも「介護」を身近に感じ
「そなえ」に役立つことができたら嬉しいです。
 
 

2021年8月28日土曜日

お試しセミナー 寄付のご報告

 6月に行ないましたシニアドッグ介護習得コースの「先行お試しセミナー」。

事前にお知らせしていたとおり、こちらのセミナーの参加費は全て

動物保護のために寄付いたしました。

今回は犬の保護団体さんへ、フード、ペットシーツなどの必要な物資を購入しお届けしました。



お試しセミナーにご参加くださった皆様、ありがとうございました。



2021年8月20日金曜日

虹にも負けないキラキラ

 シニアドッグ介護習得コースの寺井です。

5時ごろのスコール。
お散歩に行けるかな?と心配しましたが
そのあとは晴れたので秋田犬ぐりちゃんと海辺の公園に行きました。
すると大きな虹が空に。
上の写真、ぐりちゃんの右上に虹が見えているんです♪
 
 
現在、ぐりちゃんのお世話にお手伝いをしてくださっている心強いサポーターがいます。
私が行なっているドッグライブリー協会のシニアドッグ介護習得コースの修了生さん方。
 
ぐりちゃんは27キロ。
今は少しずつ歩くことができるようになりましたが
数週間前はほとんど歩くことができませんでした。
おうちでは階段の上り下りの補助も必要で
どうしても人手がいります。
大型犬ぐりちゃんの介護。
ご家族はもちろんのこと、ご家族のお友達などが支えていらっしゃいましたが
そこに私とドッグライブリー協会の修了生さんが研修生として加わり
みんなで協力してお世話してきました。
 
 
昨日の虹も、汗をかきながらいっしょに介護をしてくださった修了生さんと見ていました。
数日前から少しずつ自分で歩けるようになってきたぐりちゃん。
昨日の朝は、だいぶ調子が良く
公園に着いたとたん芝生をひとりでトコトコと歩き始めました。
それまで補助をしながら歩いていたのに、昨日はひとりで軽快な足取りで歩き始めました。
そんなぐりちゃんを見て拍手!
 
 
「虹もすごーい!」と
笑顔いっぱいの私たちでした。
 
 
現在、コロナ禍のため
ドッグライブリー協会の現場研修はほとんど実施していません。
ですが、研修の希望者さんもいらっしゃいますので
近隣にお住まいの方や、老犬介護士になるために準備を一所懸命されている方などにお声がけし
お手伝いしていただいています。
また、すでに老犬介護士として数年活動されている方は
研修ではなく、お仕事として協力していただいています。
心から感謝です。
 
ドッグライブリー1期生のコトリーさん。
逗子で元々ペットシッターとして活躍していたのですが、
犬の介護を学んでくださいました。
そして数年たった今では私の大切な介護士仲間です。
すでに何件もいっしょにお仕事しています。
とっても信頼しているお仕事仲間です。
 
彼女のシニア犬に接するやさしい手や笑顔はまぶしいほど。
キラキラです♪
虹にも負けない?!
 
 
シニアドッグ介護習得コースでいっしょに時間を共有し
介護を学んでくださった方々とこうして
介護の現場でまた時間を共にすること。
それは私の大きな喜びです。
がんばっていらっしゃる姿は本当に尊くてまぶしいです。
 
 
 
さて、明日は
月に2度のドッグライブリー協会のオンラインセミナーです。
今朝も早朝に起きて準備中です。
 
お供は大きなお気に入りのカップにいれたハーブティーと
 
 
 
猫のまめ太。
 
ねぼすけですが
甘えん坊なので私が起きるとついてきて
そばでまた眠り始めます。
 
 
早朝のお仕事が今は多いので
予定が入っていない日も早めに起きています。
体のリズムを整えておかないと不調につながりかねません。
コロナ禍であるからこそ、体調管理はとても大事。
老犬介護士は体が資本ですから♪

2021年7月29日木曜日

わんこのハーブは「楽しい気持ちい」から始まりたい

愛犬の植物療法の猪野です。 

6月にしっぽのがっこうハーブセミナーを開催しました。

湿度の高い時期を快適にすごせるよう、ハーブウォーターを使ったふんわりリラクゼーションケアをお話しと実習。

 

私はハーブの外用ケアが大好きです。

ケアだけど楽しい

ケアだけどわくわくする

ケアをコミュニケーションタイムへと導いでくれるのもハーブの魔法です。

 

ハーブウォーターセミナーを終えて、皆さんどうしているかなあ?と思っていたところに

参加してくださったゆずちゃん&すだちちゃんのママがご質問とメッセージを送ってくださいました。

 

ゆずちゃんとすだちちゃんはトイプードルの姉妹です。

ママはハーブのカウンセリングをさせていただいて以来、色々な形でハーブを取り入れてくださっています。

そんなふたりのママから微笑ましく、心が温かくなるような風景が目の前に浮かんでくるようなメッセージをいただきました。

 

ブログを読んでくださっている皆様にも幸せのおすそ分けを。

 

すだちはハーブウォーター🌿でマッサージするのが お気に入りのようで ハーブウォーター出すと 寄ってきます^_^ 

ハーブで私も、すだち、ゆずも癒されてます♪

ハーブ🌿をこんなに身近に感じることができ、ハーブのパワーを実感しています。

毎晩のハーブでのマッサージが私とゆず、すだちの 1日のリラックスできる時間です♪

もっと、もっとハーブを知りたいです。

 

そしてハーブウォータースプレーと一緒に撮ったゆずちゃん&すだちちゃんの写真も送ってくださいました。

 

image

 

きちんとおすまししているのはお姉ちゃんのゆずちゃん

「あーん♪」と嬉しそうにお口ぱっかーんの妹すだちちゃん

ぬいぐるみのレモンちゃんがハーブウォーターのスプレーを持っています(^^)

 

ゆずちゃん、すだちちゃんのママは忙しい日々を過ごされています。

一日の終わりに可愛い姉妹がいてくれることがどれだけママの心を癒してくれていることでしょう。

そして、ママとゆず&すだちちゃんが同じ香りに包まれて、同じ時間を過ごし、同じように癒される。

そこにハーブが役立っているのです。

ゆずちゃん&すだちちゃんにとっても待ち遠しいママとの時間。

 

香りと記憶の結びつきはとても深いものです。

ハーブの香りがふたりにとっても「ママが優しい手で触ってくれる、優しい眼差しを向けてくれる」

楽しくて嬉しい記憶になることでしょう。

 

そんなハーブをお伝えしている私も幸せです。

 

ハーブの効能効果ばかりに気持ちをむけるのではなく

ただひたすら「気持ちいいな、この香り」と感じる「心へのハーブ」に目を向けることもわんこたちの健康に繋っています。

心が嬉しく幸せであれば身体にもよいことがあるはずです。

 

いつも、ハーブは心と身体のバランスをとってくれるものですと言っている私ですが、

すだちちゃんのお口ぱっかーん♪の笑顔がそれを物語っているようです。

 

 

やっぱりわんこのハーブは「楽しい気持ちい」から始まりたいです。

 

2021年7月26日月曜日

人生はチョコレートの箱のようなもの

 シニアドッグ介護習得コース、講師の寺井です。

先いる方々なので

お伝えする側としても本当にやりがいと感じています。

初回でしたので、私もですが皆さんにも自己紹介をしていただきました。
モニター越しでも4か月にわたってご一緒することで
お互いのことを少しずつ知って、終わることにはオンラインでも
ちゃんと「同期生」という雰囲気にまとまっていきます。

私はいつも「横のつながりは大事。仲間は大事」とお話しています。
一人でできることは少なくても、仲間といっしょにすることによって
全然違うことができます。
安心感をもったり、お互い助け合ったり。
そういう「仲間づくり」の場にもなってほしい、と思っています。

私は自己紹介で「映画やドラマが好きでよく見てます」とお話しました。
映画好きは、物ごころついた時から。

母がよく映画に連れて行ってくれていたからです。
小さな頃から月に2本ぐらいは映画館で映画を見せてもらっていました。

今はサブスクリプションサービスが充実しているので
映画好きにはとっても便利な世の中になりました。

先日、義姉が送ってくれたチョコレート。
自分では箱で買うことはありませんが、
やはり詰め合わせってワクワクします。
これはどんな味なのかなー?と見て選んで味わいます。
見た目はダークチョコレートなのに中身はキャラメルだったり。

こういうチョコレートを食べる時に思い出す映画があります。


それは、「フォレスト・ガンプ」という映画。
その映画に出てくる言葉があります。
Life's like a box of chocolates. You never know what you’re gonna get.
(人生はチョコレートの箱のようなもの。開けてみないと分からない。)」

チョコレートを味わいながらこの名言を思い出していました。
そして、本当にそのとおりだ、と。

20年前を振り返ってみると
会社員としてがんばっていた自分がいます。
インターネットの仕事をしていました。
結婚もしていなかったですし、都内の実家に住んでいました。
それが今は、犬の介護という仕事をしています。

緑豊か、海にも近い葉山に住み
日々、可愛い犬たちと過ごしています。

そして、でこれまで自分の培ってきた経験などをドッグライブリーでお伝えしています。
20年前の私とは全く違う道を歩んでいます。
もちろん後悔はまったくありません。20年前の自分に言いたいです。
「安心して目の前のことに取り組んでいいよ。あなたは、これから大変なこともたくさんあるけど、素晴らしい道を見つけるから」と。

私が色んな分岐点を経てきたように
受講生のみなさんにとっても、私がお伝えする「シニアドッグ介護習得コース」が
大きな分岐点、ポイントのひとつなのだと思います。
だからこそ、心をこめて、今の私のベストを尽くしてお伝えしたいと思っています。

とは言え、私のモットーは「ゆるく」「楽しく」です。
気負いがあるとベストって出せないもの。自然体でいることが大事なんです。
なるべく楽しく、気持ちに余裕をもってお伝えしています。


2021年7月8日木曜日

7/24~ シニアドッグ介護習得コース 残席1名様

ドッグライブリー協会の

シニアドッグ介護習得コース」(7/24スタート)。

残席1名様となりました。

 

今回の受講生様が11期生となります。

おかげさまで少しずつ犬の介護のノウハウを知る方が増えてきています。

 

目標はひとつの町にひとりの老犬介護士。犬の介護アドバイザー。

 

直面すると、とても困り大きな負担となる愛犬の介護。

精神的にも身体的にも大変なことが多いものです。

なのに、まだまだ介護の担い手は少ないのです。

 

「犬の介護士なんて仕事あるの?」と言われることもしばしば。

担い手が少ないわけですから、認知度が低いのも当たり前かもしれません。

 

でも、しょうがない、では何も変わりません。

少しずつでいいから、犬の介護士仲間を増やしていく、

それが人と犬の安心できる暮らしにつながっていくと思っています。

 

一歩一歩、小さな歩みですが

いつのまにか10期の修了生さまがいらっしゃいます。

ありがとうございます。

最近は、ドッグトレーナーさん、ドッグマッサージのセラピストさん

トリマーさんの受講も増えています。

ずっとお世話していたかわいいわんこさんたちがシニアになり

ご家族からアドバイスを求められることが多いのだそうです。

シニアドッグへの接し方、介護方法、ご家族へのカウンセリングなど

多岐にわたって現在のお仕事のプラスアルファになると思います。

また、犬の保護活動やあずかりボランティアをされている方々もいらっしゃいます。

最近は保護される犬も高齢化していて、

保護と同時にシニア期の犬に対するノウハウが必要になる場合も少なくないのだそうです。

 

 

7/24(土)スタートのコースの次は

秋の開催となりますので

今回タイミングが合う場合はぜひご参加ください。

 

詳細・お申し込みは

ドッグライブリー協会へ

 

 

老犬介護士 介護アドバイザーになる


2021年7月7日水曜日

七夕です。星に願いを

シニアドッグ介護習得コース、講師の寺井です。


今日は七夕ですね。

とってもとっても久しぶりに(子供の頃以来?)
七夕飾りの準備。
 
先日開催したドッグライブリー協会
オンライン同窓会で
参加者のみなさんに「お願い」を聞いておいたのです。
 

 
 
懐かしさを感じながら
ひとつひとつ作ってみました。
 
子供の頃は七夕が大好きでした。
毎年、家族で阿佐ヶ谷(東京・杉並区)の七夕祭りに行っていました。
たくさんの飾りが長いアーケードにずらーっと並び
夜店が出てたくさんの人でにぎわうのです。
毎年、文房具やおもちゃの入ったお楽しみ袋を買ってもらい
家に帰ってそれを開けて大はしゃぎ。
子供の頃の楽しい思い出のひとつです。
 
 
今朝、やはりドッグライブリー協会の修了生さんの個別カウンセリングをしたので
その方のお願いも♪
 
みなさんのお願い、自分のことではないんです。
人のため。いっしょに暮らす可愛い動物たちのため。
より良い社会のため。人と犬の役に立つ犬の介護士になりたい、そいうお願いばかり。
 
みなさんのお願いひとつひとつを
温かい気持ちで見ながら短冊に書き
飾っていきました。
 
 

なかなか良い出来?!
 
 
しかし、そこに
こういうものが大好きなやつが・・・

くんくんくん・・・
 
 
猫ってこういう飾りが
大好きなんですよね。
 
今朝のオンラインカウンセリングの前に切っておいた笹。
カウンセリング中にいたずらされないように
目の前に置いて守りながらカウンセリングしました(笑)
 
 
いっしょけんめいふんばって
笹をチェック。


あ、めずらしくないですか?
うちの猫のおしりはハイレグ柄です (笑)
 
七夕はたいてい梅雨の最中ですから
雨がふることが多いのに
今日はめずらしく青空が!
 
 

きっとみなさんのお願い、かないます!
 
 

 
 
シニアドッグ介護習得コース 11期生募集
残席2名様となりました。

老犬介護を学ぶ


7月から10月のセミナーです。

次回は11月からの開催予定です。